<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 後2週間ほどしたら田刈りの時期となる。何か、年々この稲を刈り取る時期が、
早くなって来ている気がしてならない。まあ~私の家は、飯米農家だから、家で
食べる分だけしか作っていないからあっと言う間に稲の刈り取り作業も終わって
しまう。たった1日仕事だ。その稲の刈り取りの時の楽しみが、家族で味わう外
での昼食となる。朝早くから作ってくれた握り飯とおかずとを皆で頂くのだ。外
の空気を吸いながら味わう握り飯の旨いって言ったらない。だから、この時期は、
毎年の如く握り飯が登場してくれるのだ。そして、コンバインで稲を刈り取りな
がら飲む水筒の冷やしたお茶も又、旨い。汗をかきながらの作業だからそのひゃ
っこいお茶が喉を通る感触がたまらない。そんなこんなを感じながら一挙に作業
は終了してしまう。そして秋が深まれば、その取れたての新米を味わう事が出来
るのだ。艶々したお米の粒を見た時の感想は、確かに美しいと思う。



    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-31 08:19 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 昨日は、町民総出で河川清掃の日でした。川の流れを遮っているゴミや
水草や川の両端に生えている草を刈り取りました。そう言った行事を続け
ているから川の状態もその目で見られるし、当然、川ざらえをすると、そ
こに住んでいる小魚やドジョウにお出会い出来ます。生き物を発見したり
川の透明度を実感したり出来るって事が凄く良い事だと思います。人間は、
その川の水が無ければ生きて行けませんしその川のお陰で数々の物語が生
まれるのかも知れません。川は、川上から川下へと流れ、その水の恩恵を
多数の人が享受している筈です。だからこそ川を大切に守らなければなり
ません。




    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-30 07:05 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 昨日、無事に両家の顔合わせが終わりましたって内々のカップルが、挨拶に
来てくれました。これからの幸せへのカウントダウンが始まります。秋ぐらい
に結納で、挙式は、来年の春頃らしいです。その幸せへのカウントダウンを色
々と二人で企画している見たいです。顔を伺っていれば嬉しさが溢れています。
婚約から成婚までの1年間が、二人にとって人生の最高の瞬間なのかも知れま
せん。でも、それからでも夫婦から子供の親へと子育ての楽しみや又、年老い
て、老夫婦だけの老後の楽しみへと長い人生を共白髪が生えるまで長生きし、
大いに二人の人生を楽しんで欲しいです。



   結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-29 06:50 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 この暑い日々が続く中で思う事ですが・・・。これだけ暑い夏が続くと言う事は、それだけ秋が短くなるって事なんでしょうね。日本は、今まで、四季が有って、それぞれの季節の味わいを楽しんできた歴史が有ります。その今までの過ごし方が、大きく激変していってしまう危険性をはらんでいるのではないでしょうか?春や秋の一年の中でも凄く過ごしやすい季節が短くなり四季折々の花や果物を愛でたり味わったりする事がままならなくなって、特定の花や果樹しか育たない熱帯性の気候へと変動してしまうのではないかと凄く心配しております。全部、人間が生み出し作りだした異様な世界が拡大して、住みにくい地球を作り上げてる気がしてなりません。自分達のエゴの為に!!


    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-28 09:53 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

新しい国の形は・・・

 戦後の日本政治の殆どの部分をアメリカが押さえているって気がして
ならない。膨大な資金を日米安保条約の中の『思いやり予算』って言う
感じの良い言葉で茶を濁されて垂れ流し続けている。日本は、戦後の大
部分をアメリカの支えで復興してきた部分も確かにあるだろう。しかし、
余りにも多くの部分でアメリカの御機嫌を伺った政治を行ってきた事の
ツケが噴出している様に思う。政治の大きな部分で日本固有の政策を打
ち出せないのは何故だろうか?日本と言う国の根本を変えて行くには、
アメリカとの関わり方を見直す時期に来ているのではないだろうか。そ
の手始めは、沖縄の基地問題ではないだろうか。何の為にアメリカの軍
隊が、日本に駐屯し、何の目的でそのまま居座っているのかの国民的議
論も無く、ただ、アメリカの顔色を伺うだけの政治で良いのだろうか?日
本の政治家は、一体何処を向いているのだろうか?国民が元気でないと
日本と言う国が沈没してしまうのに???



    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-27 07:57 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 昔の御先祖様の遺言どおりと言うか、代々の教えに従い、御米作りをやめない
で続けている。何の為にと言われればそれまでだが・・・。まあ~両親が生きて
る限りは仕方がないのかな?ってな中途半端な飯米農家が多いだろうと思う。御
先祖様の宝を大事にしろなんて両親は仰るが・・・。本当に、毎年の百姓での赤
字を補填しながらの高い米作りが何の為にだか判らない。それでも内のおばあち
ゃんが元気なのは、百姓一筋で今まで来た実績が物を言っているのだろう。その
死ぬまでって言うか、働けるまでは、おばあちゃんは、百姓仕事を辞めないだろ
うって言う事も判っている。だから、中々、最終的な事が言えないでいる。まあ
~この葛藤は、これからも続くのだろう。



   結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-26 08:15 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 毎日の如く政治の無策が露呈されてきている。100歳以上のお年寄りの所在不明の問題・消えた年金問題・少子化・晩婚問題・・・上げれば切りがない。そして、その政策が決定打がない。高級官僚は、日本の行く末などそっちのけで自分達の行く末ばかりを案じて舵を切っている。中には、立派な行動を伴う真摯な考え方の方々もおられるとは思うが・・・。今後益々、老齢人口が激化の一途をたどり、その見守りと言うか扶養と言うか、今まで、長男家族だけで支えてこられた事が、長寿と言う現実から老老扶養と言う現実が付きつけられてきている。果たして、わずかな年金だけで親の面倒が見て行けるのだろうか?年々齢を重ね、身体が弱って行く親とその息子も齢を重ね、体力的・精神的に追い込まれて行く可能性が否定できない。


   結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-25 08:34 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

理想の結婚って・・・

 顔は、丸~るくって背は、170cm以上で体重は、70kg以下で学歴は、大卒で
更に更に希望は、膨らむ・・・。そして、明るくって活発な行動派かなってとこ
まで行くとさてさてと思ってしまう。確かに、一生に一度の事だから理想の相手
と出会いたいって思いは、判るけれど、100%理想の結婚って考えられない事だ
と思ってしまう。何故なら、誰でもそうだが現実と理想は、殆どかけ離れた結婚
となってしまうからだ。何故そうなるかって言うと出会った感触って言うかいご
こちの良さって言うか~まあ~そう言う事だ。決して外見では判断できない所を
好いてしまうからなのだ。だからこそ思うのだが、どんな相手でも出会ってから
判断した方が結婚への可能性が高まるって事なのだ。ペーパー1枚から読み取る
事なんて不可能だ。そんなペーパーに縛られて出会いの可能性を無くするって事
が非常に残念だ。もう一度よ~く考えよう!!理想の結婚よりいごこちの良い相
手との出会いを大切にする事を。



    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-24 06:21 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 民主党政権になってから色々な施策を打ち出したが、果たして
満足の行く結果が出ているのだろうか?はなはだ疑問だ?何故なら
国民に心地の良い施策ばかりでばら撒き政治の様な印象を受けてし
まう。更に更に一国の総理大臣が日替わりメニューみたいにころこ
ろと変わろうとしている。その欠点は、民主党が、野党時代に散々
に批判したやり方ではなかったのか。一国を代表する総理大臣がこ
ろころ変わってしまっていては日本の信頼性がガタガタと音も無く
崩れ落ちてしまう。政策の実効性にも疑問符が灯される。だからこ
そこの点を早急に改革して衆議院議員の任期中は、その総理大臣の
職務を全うできるシステムに変更すべきだ。そうでないとそれぞれ
の総理の考え方がそこに反映されて一貫性と言う意味からは、ここ
ろもとない。日本の政治を良くしょうと考えるなら任期中は、選ん
だ総理と大臣にゲタを預けて見る事が何より大切なのだ。



    結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-23 07:47 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

孫とお買いもの・・・

 ここ最近は、孫を連れてチョクチョクと夕方のお買い物に行く。今は、
自転車が改造されて安全に子供を乗せられる様に作られている。その自
転車の前の指定席に彼女を乗せてエッチラココッチラコって自転車をこ
いで町のスーパーへと向かうのだ。自転車が風を切って走るものだから
彼女は、間違い無しに気持が良いのだろう。時折、保育園で習った歌が
飛び出してくる。孫にその歌を教えて貰いながらの珍道中なのだ。そし
て、スーパーに着くと大変だ。やっぱり、色んな珍しい物が陳列されて
いるから右に走ったり左に走ったりで追いかけるのが大変だ。俺も、ヤ
ッパリ爺さんになったのだ。そして、予定の買い物を済ますと孫を再び
自転車の前に載せて家へと引返した。まだまだこの珍道中は、何年も続
きそうです。

   


     結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-08-22 08:49 | かっちゃんの一言 | Comments(0)