日本国の予算は・・・

 日本国の予算の半分は、国債の発行で補てんしている。だから一千兆円に届こうかという膨大な借金が積み重なるのだ。どうやってその借金の返済を図って行くのだろう?来年の予算も今年度予算と余り変わらない筈だ。何故なら、景気対策をやらないと日本の国力が、どんどん下降してしまい、二流国へと落ちぶれるからだ。それでも思うのだが、痛みを伴う改革をやりきった後に増税を考えるなら判るが・・・。国会議員~県会・市会議員まで、特別職の公務員~国家・県・市職員まで、税金で安穏と生活しているもの達の収入を民間並みの給料に減額して行かないととうていこの国の今の税収では、賄いきれない。しかし、公務員全員の給料を減額するのではなく意欲の有る人達の査定をちゃんと考えて上げる事も大事だと思う。一律減額では、意欲も無くなるからかえっ
て大きな損失だ。そして、その事が軌道に乗ったら、今度は、税収の範囲内での国家予算を立てる工夫をすべきだ。全ての国民の全知全能を傾けて良い方法を模索すべきだ。




     結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-09-03 08:29 | かっちゃんの一言 | Comments(0)