一粒の米からでも・・・

 何事も一から始まる。そう~一の集合体が大きな数に成るのだ。だから
一こそ大切にしなければならない数字だと思う。一粒のお米でも噛み締め
れば味わいが出てくる。そう思えば今のお米の刈り取りは全て機械化され
ている。コンバインと言う機械で刈り取りされたお米は、そのまま乾燥機
へと運ばれて精米機にかけられる。そして、最終的にはお米を玄米から白
米にする機械にかけられて食べられるようになるのだ。その過程で少なか
らずお米が一粒ずつ何処かへ消えて行く。機械化のお陰で省力化され作業
自体は、凄く楽になったがその分、折角実った稲穂の少しづつをコンバイ
ンが踏みつけてるとか、機械から機械へのお米の移動でも少しづつ消えて
行く。まあ~仕方がない部分が有るが、昔は、人力で全てを賄っていて、
一粒のお米も大切に扱っていた記憶が有る。昔は、それ程お金って無かっ
たが、お腹一杯の白米と漬け物と野菜と鶏の卵が有れば満足だった。そし
てそれでも俺たちは元気だった。




     結婚相談 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2010-09-06 06:54 | かっちゃんの一言 | Comments(0)