建部祭りと田んぼと梨と・・・

 ようやく、新たな紙芝居が出来あがりました。『建部祭りと田んぼと梨と』って言うテーマで、農村の於かれた立場と未来への生みの苦しみを書きました。まあ~文章能力は兎も角、絵が幼稚過ぎて情けないくらいですが・・・。今、お百姓と呼ばれてる方達の動きが気になる所ですが、皆が思っている事は、美味しいお米を沢山の方に喜んで食べて頂きたいって思いなのではないでしょうか。色んな工夫をしながら自分達も共同で楽しみながら遊びも含めた付き合いを彼等は大切にしてきています。自然を相手の仕事ですから、その自然に手痛い痛手を被る事だって有ります。でも、愛情を注げは注ぐほどに優しく豊かな味になってくれるのも間違いのない事です。自分達の気持が通じるって感じなんですかね。そして、彼等は、梨等を売る為に、自分達の直売所も経営しています。お客様と直に接するとき、又、去年、いや、1昨年のリピーターの方を見かける時、確実に我々の味が伝わって来ている事を実感出来ると言います。彼らの活躍が、私達の町を再認識させ明るい・元気な町へと変貌させてくれるに違いありません。



      結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
c0157523_7574876.jpg

[PR]
by br-hana | 2011-06-22 07:47 | かっちゃんの一言 | Comments(0)