紫草に時代を感ずる・・・

 遠い昔から『紫草』が咲いていた。その花は、可憐で可愛い、白い色の花びらを小さく付けていた。その花のお陰で、恋の花が沢山開いた。そう~昔から、花は、人間を癒しの世界にいざなう乙姫の様な存在なのだ。


  『紫草を愛でて、眺むる、二人かな、明日の事は、歴史のみ知る』


    結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2012-05-23 08:49 | かっちゃんの一言 | Comments(0)