花は、何処で咲いても花なのだ。・・・

 花、その可憐なる姿は、何時までも何処までも我々を魅了して止まない。人生に疲れた時や心がかき乱された時、その花々がその傷ついた『心』を癒してくれる。そして、我々の目の中心の中に癒しの花を咲かせてれる。その花は、例え汚れた場所で有ろうとも、例え荒んだ場所で有ろうとも咲き続けて、我々の傷ついた心や身体を癒してくれる。その花が有る限りその花は、我々の心を少しづつ少しづつ快方へと導いてくれる。幸せになりたいと言う思いは、その花の『心』に聞けば良い。その花は、静かに微笑みながら幸せの種を与えてくれる事だろう。誰にでも・・・。



       結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
[PR]
by br-hana | 2014-01-03 08:14 | かっちゃんの一言 | Comments(0)