人気ブログランキング |

さよならから始まる恋もある。・・・あれから3年・・・

   あれから3年・・・

 さよならから早37年が経った。昨年は、中学校の同窓会が有った。そして、中学三年生の時の片思いの女性と出会った。今だから言えた、その当時の気持ち。でも、言わなかったら良かったのかも知れない。何故なら、37年の時の流れは、昔の思い出なんか霞のようなものなのだ。なんも告白してキュンと来なかった。色あせた思い出は、やっぱり誰にも語らずに胸にしまって置くべきだった。悲しいかなそれが現実だ。悲しいかな、悲しいかな、悲しいかな。

さよなら・・・言ってしまえば簡単な言葉なんだろうが、男って未練たらしい生き物だとつくづく思う。若かりし頃の初恋の人の面影は、幾たび歳を重ねようとも己の瞼の裏に今でもくっきりと当時のまんまの総天然色で浮かび上がらせることが出来るのだ。恋が、叶っていたらその記憶も薄らいで行くのかも知れないが、片思いのまんまの恋なんて本当に切なすぎて言葉に言い表せられない。でも、何度でも心の叫びは上げられる。『好きだ~。』と。


人生に終わり何て無い。自分で早くも諦めるから終わりになるのだ。悔しくて辛くて悲しい思いを抱き続けるくらいなら思い切って告白してあっさりと降られるのが良いかも知れない。中々その決断に至るまでの葛藤は、思いの他深いかも知れない。本当に好きな人の目の前に立って『好きです。』って告白する勇気ある行動が出来るかどうか・・・。胸の中がかきむしられるくらいに悩みに悩んで、ようやく1歩前に出る決断が、下せるのだ。そんなに苦しい思いをするなら恋なんてするなと言われるかも知れないが、好きなものは好き。それ以外の何物でもない。誰でも幸せになりたいと思って行動するが、可能性は、余りにも低い。だからこそ初恋は、成就しないと昔から言われているのだ。それでも言わねば前に進めない。  さよならから始まる恋も、告白してこそ始められる次なる恋なのだ。そう~思う。


   結婚相談所滋賀 ブライダルHANA

 

by br-hana | 2016-06-21 07:00 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

日々の感じた事を書いて行きます。


by かっちゃん