歴史ある所にはロマンが埋もれて・・・

 歴史探訪と一口に言っても人それぞれにその思いは、まったく異なり・・・。古代文化の好きな人や奈良や平安の雅な姿の好きな人や源平、鎌倉、室町、安土桃山、江戸時代、幕末~明治にかけての草創期を好きな方まで幅広い。その歴史の足跡に触れてこそ感慨深いものがある。何故なら、その土地々にはその時代を生きて来られた人々の重みが埋もれているからだ。又、その残されし遺構からもその時代に漲る歴史の息吹を感じる。出来る事ならばかの昔に旅を出来るタイムマシンなるものが発明されればこれほどうれしい事は無い。それでも思うのだが苛烈すぎる歴史をこじ開ければ胸の痛みが増すばかりかも知れない。歴史とは残酷な事が多かりきだからなのかも知れない。でも、その歴史の中に咲いた可憐な華も多々あった事だろう。歴史ある所にロマンは生まれ、そのロマンは、歴史と共に埋もれた灰となる。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-22 08:55 | かっちゃんの一言 | Comments(0)