神社のイベント・・・

 昔からこの辺りは全てお百姓さんのお家が多かったです。だから当然の如く1村にはお寺とお宮さんが必ずありました。昔の人は色んな自然の猛威を体験し、その為の心の安寧を支える何かを欲したんですね。そこに現れたのが神がかり的な先々を見通せる神の巫女・卑弥呼だったのでしょう。元々の信仰は、大きな木で有ったり山で有ったり海で有ったりだったのでしょうが、形が変わってお寺やお宮さんが、心の拠り所となったんだと思います。それだけ何かに頼らないと人間は、生きて行けないのだと思います。悩み苦しむことから救われる為にすがる対象が、仏や神だったのです。だからこそ今も老若男女は、お寺やお宮さんへの参詣や参拝を好んでされます。そんなお寺やお宮さんの諸々のイベントを支えるのに檀家総代や氏子総代が居ます。さて、六月早々に御田祭が催されます。神様への進ぜ物を買いに行って来ます。どうぞ~植えたお米に苗がスクスクと生育しますようにと願いを込める御田祭の為に・・・。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-26 07:37 | かっちゃんの一言 | Comments(0)