寸劇と人は言うけれど・・・

 昨日は、寸劇で使用する背景の修繕と背景を吊るす装置の組み立て方を実地検証しました。まず、背景の家や鉄条網などを破れないように裏にテープを張り付けて補強しました。何せ背景は、紙に書いてあるから持ち運びを何回もすると破れてしまうのです。だから破れないように補強を施したのです。それと背景を吊るす為に土台となるベースやポール、継手等を購入し、昨日、実際に組み立てて状態を確認しました。ベースは、背景をしっかりと支える為に重くて丈夫なプラスチック(洗濯用物干し竿の土台用)を4個購入しましたからポールを立ててもしっかりとしたものになりました。ただ、持ち運びが重くて女性の力では運べません。運ぶための代車が必要だと実感しました。次回までに購入予定です。  寸劇と人は言うけれど、色々と準備に手間がかります。重いものを出前会場まで運んで開演時間までに据え付けしなければなりません。それにしても今年は、寸劇の出前が次から次へと舞い込んでいます。嬉しい悲鳴ですが・・・。


  

[PR]
by br-hana | 2017-07-06 07:22 | かっちゃんの一言 | Comments(0)