建部祭りとは・・・

 今から300有余年も前からのお百姓さんたちの楽しみと言えば年に1回の村祭りの日ではなかっただろうか。ほとんどのお百姓さんたちは水吞百姓と言って田んぼの権利なんて無くて地主たる庄屋さんなどの土地を借りてお米を作らせて頂き・・・。その獲れたほとんどのお米を地代や税金に吸い上げられた。だから彼ら水吞百姓の唯一の楽しみが、幕府から許されるお祭りだったのである。この時とばかりにどんちゃん騒ぎをしてもお咎めなしで飲めや歌えやで大いに盛り上がったらしい。その祭りは唯一の楽しみであるから太鼓を作ったりお神輿を作ったりして1年間の憂さ晴らしをしていたのだろう。食うものや着るものを節約しながら太鼓や鐘やお神輿を作って来たのは自分たちの誇れるものを大切にする村独自の団結精神の極めつけではないだろうか。まあ~色々と語ったが、そんな村文化であるお祭りも人口減少の影響をまともに受けて衰退しかかっている。何とか今のうちに食い止めなければと言うで建部祭り実行委員会?みたいなものが立ち上がり、この22日に初会合が催される。何とか建部祭りを永遠の宝としたいものである。


      

[PR]
by br-hana | 2017-07-20 07:21 | かっちゃんの一言 | Comments(0)