海の青さと砂浜と・・・

 日本は、四方を海に囲まれた海洋国家だ。そんな広々とした海からは色んな形の恩恵を頂いている。まあ~我々人間的な考え方だが、そんな沢山の恵みに感謝しながら日々を送っているとこの日常世界が、当たり前だと感じてしまいがちだが決してそうではないと言いたい。大海原に生息する数々の生き物の大半は、食料として人間の胃袋に収まるが、そんな生活が何時まで続けて行けるのだろうかと疑問に感じてしまう。我々人間は、余りにも安易な方法で生活環境を自分たちの身勝手だけの為に大きく変えて来ている。その身勝手が生み残した残骸は、海の藻屑となって大海原を漂ってお魚たちに胃袋の中に納まっている。どう考えても自分たちの行いの犠牲になって死滅していく種の存在を思う時、我々の行いの愚かさに気付くはずだが・・・。この世の中に生まれて自分勝手なふるまいを極力抑えて共に生きて行ける世界を考えなければ行けない時期に来ていると思うが、如何に。


    

[PR]
by br-hana | 2017-08-12 06:49 | かっちゃんの一言 | Comments(0)