大型紙芝居やお歌の出前・・・

 昨日は、滋賀県平和祈念館の仲間4人で大型の紙芝居を3セット持って愛東地区の○○まで紙芝居の出前に行きました。大型の紙芝居での3セットもの出前は、今回が初めてのお披露目です。前日にプログラムの内容を決めていましたから比較的にスムーズに展開出来ました。1つ目は、長崎に原爆が落とされて、その時に小学生くらいだった主人公が、紙芝居を通して語り継いで来ていたが、お年を召されて滋賀県平和祈念館の我々に託されたのを初めて披露しました。その紙芝居が終わって、1曲昔の歌を間に入れて、2つ目は、戦時中の食糧難を4人の子供を育てながら乗り越えた肝っ玉母ちゃんの物語でした。結構~ウルルンときて目頭を押さえておられた方もいましたね。終わって、その間に指体操を全員でしました。3つもの紙芝居は、広島の原爆での悲劇を描いた紙芝居です。悲しい少女の物語を切々と読み上げました。ラストに全員で琵琶湖周航の歌を歌ってお開きになりました。


     

[PR]
by br-hana | 2017-09-25 06:11 | かっちゃんの一言 | Comments(0)