物づくりの原点・・・

 今、日本の製造業に対する信頼が揺らいでいる。製品の品質の良さが日本の製造業の原点では無かったのか。その原点から大きく逸脱する行為が多々見受けられるからだ。製品信頼性は、その製品の強度に何倍もの余裕率である安全率をかけると言う事をしています。そんな信頼性が揺らいでいる訳ですから大きな影響は否めません。大きな企業では沢山の人が働き、1個1個の部品を仕上げて行きますが、その過程では必ずロット毎に抜き取り検査などが行われて製品の品質低下を未然に防いでいます。ただ、あまりにも納期の問題や人の問題で、不具合の部品が製造された場合の納期への焦りで駄目な製品でもOKしてしまう何かがあるのでしょう。でも、その結果は、悲惨で、多額の賠償金の支払いは、会社の信頼性を損ない、最悪の場合は、倒産という悲しい結果を引き起こしかねません。結局、自分たちで自分たちの首をしめてしまい、働く場を失ってしまう結果となりかねません。もう一度原点に立ち返り考える必要が有ります。


    

[PR]
by br-hana | 2017-10-20 08:44 | かっちゃんの一言 | Comments(0)