八幡神社の歴史について・・・

 一昨日の夜に建部まちづくり協議会の広報の方から電話が有って、今度は、建部堺町の八幡神社について取材させて欲しいとの依頼の電話が有りました。昨日は、その建部堺町の歴史に関して・・・。宮司様のお宅に伺って、お話を聞いて来ました。八幡神社は、武家の神様でも有りましたから、正月はしめの弓始めの儀式と正月が終わった弓納の儀式を的をこしらえて弓矢を当てる儀式を行い、上手く的に当たれば、豊作だと願いを込めて射ておりました。それから、山の神様や野神様の歴史についてもお話を聞かせて頂きました。丁度そんな頃に、八幡神社の歴史を記す古文書が、見つかり、八幡神社に収まって頂く神様を九州の宇佐八幡宮から勧請して、その道中にて大阪の茨木村と山田村の人々が、お手伝いして下さり、無事、建部堺町に納まって頂く事が出来たと言う事が書かれていました。だからその時に茨木村と山田村の奉仕された方々が、建部堺町にそのまま住まわれ現在に至ると言う歴史が、判った次第です。


    

[PR]
by br-hana | 2018-01-21 08:30 | かっちゃんの一言 | Comments(0)