八幡神社の木々の伐採・・・

 本日は、村社八幡神社の境内に植えられている木々の伐採の打ち合わせと橋の養生作業の為に責任者の方と最終打ち合わせを行います。本当に長い年月が経過して鎮守の森を形成してくれている木々を伐採すると言う事は、本当に悲しい事です。それでもその木々が、そこに住んでおられる人々の危険要素になる可能性は凄く大きいのです。それはなぜかと言うと今までの台風では考えられなかったくらいに台風の勢力が余りにも大きいから多大な被害をもたらす危険性が考えられるからです。いつまでもウジウジとしていては行けませんから・・・。又、その切った木々の後には榊を植えたら良いと業者の方が言われました。相談しながら考えて行きたいと思います。


  

[PR]
by br-hana | 2018-10-03 06:45 | かっちゃんの一言 | Comments(0)