人気ブログランキング |

2009年 09月 28日 ( 1 )

 秀吉が亡くなった時の豊臣家を支える柱は、秀吉の友・前田利家しか
居ませんでした。その利家も病気には勝てず、秀吉の後を追う様にこの
世から消えてしまいます。後は、しがみ付いても天下を徳川には渡した
くない淀殿しか居ません。その時点で天下は、豊臣から徳川へと移った
のかも知れません。天下を私物化すると淘汰されるのが世の常です。そ
れも判らずに戦争へと駆り立てたのは、豊臣家にそれだけ家宰を司れる
逸材が居なかったんだと思います。小粒な人物は、数多いたけれど・・
・。淀殿を説き伏せるだけの人物が豊臣家に居たならあのような悲劇的
な最後を迎える事は無かったと思うのですが歴史に『i f』は、通じませ
んよね。




    結婚相談 ブライダルHANA
by br-hana | 2009-09-28 07:30 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

日々の感じた事を書いて行きます。


by かっちゃん