人気ブログランキング |

2011年 06月 04日 ( 1 )

 家は貧しく親類縁者も少なく・・・。それでも自分の甲斐性で使える主人を選び、その主人に滅私奉公をしてその才覚を認められ、順に出世をして行く。その姿勢は、あくまで陽気で機転が利いて、主人の為ならと言う真摯な行動が原点で有った。元々が、無からの出発だから失敗しても何の悔いも残らずしがらみさえも無くただがむしゃらに生きた人生であっただろう。頭が空っぽだから素直に人の意見を聞き、その師匠と呼べる存在さえもとりこにしてしまう存在感。それでも権力を握ってしまえば・・・。人は、その人を『太閤秀吉』と呼ぶ。歴史にもしもは許されないが、もう少し彼が長生きをしていればと思うと僅か2代で滅びた豊臣政権の末路が寂しい次第だ。



     結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
by br-hana | 2011-06-04 08:41 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

日々の感じた事を書いて行きます。


by かっちゃん