人気ブログランキング |

2015年 09月 07日 ( 1 )

 昨日は、近くの敬老会に紙芝居の出前に行って来ました。午前10時~約1時間程度の時間を頂いて、戦後70年前に起こった戦争のお話を3話して来ました。皆さん、熱心に聴いて、見て下さいました。この戦争の紙芝居を通じて、私にも色んな思いが心の置き土産になって行くような気がしてなりません。創作紙芝居を通じて紙芝居の出前をしていると誰かが書き遺された紙芝居を引き継いで欲しいと言う依頼も来ます。それぞれの諸先輩の戦争に対する深い思いの一端に触れ、益々のめり込んで行く自分がいます。誰かが遺作を引き継がねばそのまま露と消えてしまいます。遺族にとって戦争に対する何の感傷も無ければただのボール紙に書かれた絵でしか有りません。それも現実です。でも、その中の文章に溢れだす思いは、語らなければ永遠に伝わらない事だけは確かです。微力な私にどれだけの事が出来るか判りませんが、やるだけです。



       結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
by br-hana | 2015-09-07 08:08 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

日々の感じた事を書いて行きます。


by かっちゃん