2018年 11月 09日 ( 1 )

遊びとルールと・・・

 幼い頃は、あんまり父親と遊んだ記憶がない。何故か・・・。それはその当時の環境がさせる技の性なのかも知れないと今頃になって気付くのだが・・・。確かに今思えば父親も母親も一時も家にはじっとしていなかった記憶がある。だから小さい頃なんて家にほったらかしにされていたと思う。幼稚園、小学校でも父親と遊んだと言うより近所の友達と日が暮れるまで遊んでいた。父親とキャッチボールをした記憶さえない。そんな時代と比べると今は、結構な感じで子や孫との関わりが多いと思う。そんな中で自然と遊びから子や孫が、ルールを学んだりしているのだろうと思う。昔の子供(我々)は、親にほったらかしにされていたお陰で自分で考え、自分で行動できる様に自然となれたのだろう。そう~思う。


 

[PR]
by br-hana | 2018-11-09 06:49 | かっちゃんの一言 | Comments(0)