<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 今日は、朝から終日にかけて野洲市の〇〇○への出前前の練習日です。全員集合して朝から夕方まで『おれは生きてかえる。』と言うシベリア抑留の物語を寸劇にした内容の1コマ1コマを再確認しながら劇の練習をします。お昼には近くのお店まで弁当を買いに行って・・・。お昼からも念入りに練習します。何時も我々のテーマソングでもある琵琶湖周航の歌を最後に全員で歌って終わりです。この日曜日のお昼からが、本番の舞台です。しっかりと確認しながらいい芝居をお見せしたいと思っています。今年はどうも寸劇の依頼が、多いみたいですね。まあ~自分たちも楽しみながら頑張って来たいと思います。


   

[PR]
by br-hana | 2017-05-31 07:12 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

夏への一歩は・・・

 夏は、いよいよ近づきつつありますよね。もう~寝巻も冬物では暑くて寝られません。ここ最近は、少し薄めのパジャマです。でも、もう~それでも暑くなって来ましたね。もう少ししたら半袖もいるかもしれません。昨日は、外出用のスラックスを夏用に2枚出してきて衣紋掛けに吊り下げました。何時でも穿いて行けるように・・・。それに昨年買った半袖の速乾性のTシャツも入れ替えておかないと。汗をかく事が多くなってきましたから。後は、今年用の夏服の上着類を何着か購入しようかと思っています。昨年と少しは気分を変えないと面白く有りません。色々と考えながら楽しむのも夏を快適に過ごす工夫なのです。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-30 07:46 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 昨日は、朝から山の神から野神さんから八幡神社の清掃作業でした。山の神から野神さんは、毎年年1回伸びた枝や笹竹の葉狩も実施します。全員で手分けして作業にかかりました。ついでに山の神駐車場のほとんど消えかかっていた白線のライン引きを行いました。まず最初に箒でアスファルトの上の土や砂を掃いて、白線を上手く引くために紙テープを消えかけている白線の両サイドに張り付ける作業を全ての消えかかっている白線の両サイドに実施しました。それが終わるといよいよ白い塗料を準に吹き付けて行きました。1回では薄い為に2度塗りしました。15分程で乾く速乾性のペイントを使いましたので暫くしてから白線の両サイドに張り付けた紙テープを剝がしました。素人がやりましたがまあ~上手く出来ました。最後に全員でお茶して終わりました。


     

[PR]
by br-hana | 2017-05-29 07:06 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

風の香る日に・・・

 昨日は、風がずーっと吹いていて少し寒く感じました。久しぶりに風を感じながら雪野山に行って来ました。本当に誰も居ない感じの午後でした。暫くすると若い女性が外国人の方を雪野山古墳に案内していました。昔携わっていた観光ボランティアガイドの精神がモクモクともたげて来ました。古墳を見ておられる所にお声かけをして・・・。折角来られたのならこの近くに赤穂浪士で有名な47士の奥田孫太夫のお墓が有るから案内しますよと言いました。その若い日本女性は、案内している外国人の方に僕の説明を通訳してくれていました。ここから5分くらいだと案内を開始しましたが、残念ながら寒い風がビュービューと吹いて来ましたから薄着の女性の方々は、途中で断念されました。どうもその女性は、フィンランドから来られた見たいです。又の再開を願ってお別れしました。残念ながら風が少し強く吹きすぎた午後でした。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-28 07:11 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

明日は白線を・・・

 明日は、山の神様の草刈り作業と神社用地内の車の駐車場のラインが、見えなくなりつつありますのでラインを引き直します。その為の道具を昨日買って来ました。明日は、紙テープでラインの外側に塗った塗料が、はみ出さないように貼り付け作業を実施してから塗り作業に入ります。速乾性の塗料を使用しますから早々に乾くと思います。明日は、お天気そうだから作業もはかどる事でしょう。こんな作業をプロに頼むとお金が沢山取られてしまいますから出来るだけ奉仕作業にてこなさないと大変です。この時期は、草々も待ちかねた様にグングンと育ちますから草刈り作業も大変です。見違えるように綺麗になる様に頑張って作業したいと思います。あぁ~明日は、熱くならないように願っています。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-27 08:01 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

神社のイベント・・・

 昔からこの辺りは全てお百姓さんのお家が多かったです。だから当然の如く1村にはお寺とお宮さんが必ずありました。昔の人は色んな自然の猛威を体験し、その為の心の安寧を支える何かを欲したんですね。そこに現れたのが神がかり的な先々を見通せる神の巫女・卑弥呼だったのでしょう。元々の信仰は、大きな木で有ったり山で有ったり海で有ったりだったのでしょうが、形が変わってお寺やお宮さんが、心の拠り所となったんだと思います。それだけ何かに頼らないと人間は、生きて行けないのだと思います。悩み苦しむことから救われる為にすがる対象が、仏や神だったのです。だからこそ今も老若男女は、お寺やお宮さんへの参詣や参拝を好んでされます。そんなお寺やお宮さんの諸々のイベントを支えるのに檀家総代や氏子総代が居ます。さて、六月早々に御田祭が催されます。神様への進ぜ物を買いに行って来ます。どうぞ~植えたお米に苗がスクスクと生育しますようにと願いを込める御田祭の為に・・・。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-26 07:37 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

雨の日の・・・

 雨の日って憂鬱に思われる方も有るかもしれませんが、雨だからこそ出来る事って一杯有るのです。今、パソコンのキーボードに向かって必死に文字を打っていますが、ブログを書いたり連歌の応募に色々と言葉を捻りだしたり・・・。DVDを見たりと・・・。そんな事は、雨だからこそ出来るのです。昔なら文章を捻りだすのに鉛筆と落書きノートが、必要でしたが、今は、パソコンの真っ白なワードの画面に色々と落書きが出来、失敗作なら書き直しも簡単に出来ますし、あっさりと要らない部分を消去出来ます。そう~本当に文章を考えて打ち込むだけで保存も簡単だし、作品になれば文章を印刷する事もたやすく出来ます。こんな雨の日に自分の作品を作り上げて保存します。


   

[PR]
by br-hana | 2017-05-25 07:11 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 人生50年は、遠い昔になりつつあります。私も還暦を越えました。人生を生きて行く上で色んな夢を見ると思うのですが、その夢も段々と小さくなりつつあります。歳の性でしょうか?それでも小さな夢でも楽しみですよね。その小さな夢を実現するためにどうするか。そう~ただ行動あるのみなのですが・・・。歳を取りたくないものです。今までは、簡単に即行動に移せていたのに。悲しいかな決断力が鈍っています。何を慎重になっているのかと思うのですが。その小さな夢とは、日光東照宮に参拝したいと言う小さな夢なのです。今までなら明日行こうと簡単に決断出来ていたのに何を思い悩むのか・・・。さて、これだけ行きたいと思っているのなら何とかしましょう。いよいよ決断と実行有るのみです。スケジュールを立てて邁進したいと思います。小さな夢を実現するために。



    

[PR]
by br-hana | 2017-05-24 07:35 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

癒しの漬物を・・・

 我々日本人は、朝と言わずお昼でも夜でも食事時に漬物さえあれば何も他は要らないと思います。まあ~小さい頃からお味噌汁と漬物くらいしか食事時には出て来ませんでした。だから今でも熱々のご飯と漬物さえあれば大満足なのです。何は無くとも満足なのです。漬物には沢庵漬けからおなすの漬物やキュウリの漬物等々漬物に出来ない食材など無いかもと思う程に種類は豊富です。熱いご飯を一口頬張った後に大根の漬物を1つ取って口に入れて噛んでいくとジュワーと口中に美味なる好みの味が広がって行きます。そんな漬物が有るお陰で朝夕のご飯の時間が、物凄く楽しみなのです。お肉やハンバーグや餃子が無くても全然大丈夫なのです。でも、絶対に無くてはならないのが漬物なのです。日本人の心の味と言いますか、何時までも大切にしたい日本人の魂の味なのかも知れません。


   

[PR]
by br-hana | 2017-05-23 07:33 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 歴史探訪と一口に言っても人それぞれにその思いは、まったく異なり・・・。古代文化の好きな人や奈良や平安の雅な姿の好きな人や源平、鎌倉、室町、安土桃山、江戸時代、幕末~明治にかけての草創期を好きな方まで幅広い。その歴史の足跡に触れてこそ感慨深いものがある。何故なら、その土地々にはその時代を生きて来られた人々の重みが埋もれているからだ。又、その残されし遺構からもその時代に漲る歴史の息吹を感じる。出来る事ならばかの昔に旅を出来るタイムマシンなるものが発明されればこれほどうれしい事は無い。それでも思うのだが苛烈すぎる歴史をこじ開ければ胸の痛みが増すばかりかも知れない。歴史とは残酷な事が多かりきだからなのかも知れない。でも、その歴史の中に咲いた可憐な華も多々あった事だろう。歴史ある所にロマンは生まれ、そのロマンは、歴史と共に埋もれた灰となる。


    

[PR]
by br-hana | 2017-05-22 08:55 | かっちゃんの一言 | Comments(0)