冬はコタツで・・・

 若かりし頃は、本当に可愛いもんでした。
コタツに彼女と入り色々とお喋りをしていた
と思うのですが、ちょっと足と足が触れ合った
だけでドギマギしたもんです。
本当に十代の頃なんか、彼女と手など繋げ
なかったんです。本当に初心だったと
思います。彼女と眼が合っただけで
ずいぶん幸せな気分に浸れました。
本当に懐かしい青春時代の淡い
思い出なんです。

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 20:42 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 人を好きになるって事は誰にでも
出来ますが、好きになった人に
全て告白出来るのでしょうか?
私めは、告白迷人だから
よくガックリを味わいました。
喋るのが大好き人間でしたから
付き合ってる女の子によく告って
お兄さんみたいに思えて
恋愛感情が湧かない等と
断られたもんです。
でも、決してメゲナイのだ。
だって、涙の数だけ強くなってるから!!

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 20:04 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 昔から良い大将には、良い軍師が居たと言います。
人にはおのずと自分の分限と言いますか、生まれてきた
役割が有る様な気がします。運否天賦は誰にも均等に
有るはずや思います。それを見つけ出すか見つけだせないか
の感性の差や思います。
昔から言うやありませんか。アンテナが多い程
正確な判断が下しやすいと。
『風林火山』の旗の如く、攻めれば疾きこと風の如くですが、
動かざる事山の如しと待つ姿勢も大事やと説いてます。
彼女を口説くのに、押しても駄目なら引いてみなとも
言います。

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 14:34 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

歌は楽しく・・・

 仕事に疲れた時、家庭に疲れた時、
大きな声で好きな歌を歌いませんか。
誰にも邪魔されずに。
胸のつかえがスーッととれていきます。
悲しい時には『美空ひばりさん』の柔、
お祭りマンボ等が良いのでは。
疲れをためるから疲れるのであって
疲れを明日のエネルギーに変えれば
明日への意欲も湧くのでは!!
さあ~今宵楽しく行きましょう!!

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 13:37 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

う~寒う・・・

 昨日は、やっぱり、北陸は雪でした。
旅の思い出にデジカメを何時も携行
しています。そして、写真は、何時でも
過去の思い出を鮮明に蘇らせてくれます。
だから、記録じゃなくて、記憶を蘇らせる
為に大切な相棒(デジカメ)なんです。
貴方も素敵な記憶を蘇らせては
みませんか。
年老いた時に思い出の数が多いほど
良い語りベになれますよ。
貴方も大切な老後の思い出づくり
をしませんか!!
c0157523_1126322.jpg

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 11:26 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

食べまっせ!!

 今回、昔の悪がき3人組で、情報交換を
兼ねながら、北陸へと蟹を食べに行きました。
本当に昔の話をしながら、酒を酌み交わし
一時の遠い青春時代の話で盛り上がり
ました。青春はお互いが爺になって
盛り上がるもんなんです。
そして、同級生だからこそ
時間の共有が出来るのです。
貴方達も同級生を大切にして
爺や婆に成った時に若かりし
時に戻って下さい。
『初恋は、何時まで経っても初恋のまま』
c0157523_11125046.jpg

[PR]
# by br-hana | 2008-01-25 11:13 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 夕日が沈む琵琶湖岸。
寄せては消える白波の、
白砂踏みしめ一歩、二歩。
微風に香る甘夏の、
清しき匂い、鼻を撫で。
高まる思い。君知らず。
胸の鼓動は更に大きく。

今まさに、振り向く君の
笑顔弾けて戸惑う俺は、
ハニカムだけの不甲斐なさ。
せめて今、小さな勇気が
有るのなら、友達と言う
重たい重しが取れるのに!!
[PR]
# by br-hana | 2008-01-24 21:41 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 眼に浮かぶ、君の優しさ、美しさ。
それは、1枚の年賀状から始まった。
  『明けましておめでとう。
   今年も宜しくお願いします。』
筆で書かれた彼女の美しい文字。
知性溢れる彼女からのお年玉。
僕は彼女に何を代えそう。
そう思ったままの僕でした。
何時か彼女にこの歌を。
心を込めて歌いたい。
 “赤い夕日が・・・高校三年生、僕ら
離れ離れになろうとも、クラス仲間は、
何時までも”
[PR]
# by br-hana | 2008-01-24 21:41 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

翼が有れば・・・

おお~い。何処からともなく呼んでいる。
何処から呼んでいるのかな?
はぁ~い。と、大きな声で、意思表示。
でも、また、おお~い。
何で、何で。君の問いかけに僕は
答えているよ。
でも、また、おお~い。
何で、何で。
確実に、君に向かって答えているよ。
でも、でも、君に届かない。
駄目だよ。いっくら、心の声で叫んでも!!
本当に、自分の言葉で、自分の声で。
あの子に向かって叫ばないと!!
『好きだ!!』

[PR]
# by br-hana | 2008-01-24 21:19 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 何もない目標。何もない夢。
でも、生きている。
何がしたいのかも判らない。
でも、生きている。
どれだけ生きれば良いのか。
どれだけ考えれば良いのか。
なんも判らない。
それでも生きている。
何時かきっと、何かが見えてくる。
ただそれだけを信じて。

 大丈夫だよ!!
お前一人だけが判らないんじゃないんだ。
生きる事は辛い事だけど。
お前だけじゃないんだ。
俺もなんだぜ!!
 
 (カッコ悪い生き方しか出来ない僕より)

[PR]
# by br-hana | 2008-01-22 17:52 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

あぁ~君に!

 何時も決まった時間、決まった場所ですれ違う。
一人で、前を向いて行ってしまう。
眼鏡をかけた可愛い子。
今日、言おう!明日、言おう!
何時もすれ違う可愛い子。
でも、結局、言い出せなかった可愛い子。
何時も自転車ですれ違う。
今なら簡単に告れるのに。
あの時は出来なかった可愛い子。
もう一度生まれ変わっても
多分、告れないだろうなぁ~。
 (高校時代の思い出より)

[PR]
# by br-hana | 2008-01-22 17:41 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

孫に歌えば・・・

 仕事の合間に、孫殿を覗きに行きます。
真ん丸い眼をして起きていると、つい、音痴
である我が事を忘れて、子守唄を歌います。
眠れ、眠れ、・・・・・・本当に、騒音になっては
いないんでしょうか。困った,爺です事。
止めとけばいいのに何曲も続けて!!
将来、孫が大きくなって、こんな騒音
子守唄で育てられたと知ったなら・・・・
孫に優しく接する自分を思いながら
孫にも、優しい良い大人に育って欲しい
と願うのは、爺馬鹿なんでしょうね。

[PR]
# by br-hana | 2008-01-22 17:30 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

男女の仲とは・・・

 そもそも、男女の仲とはどんなもんなんでしょうか?
あの人が好き!!そこから、まず、告白劇場がスタート
します。そして、お付き合いが始まり、お互いをもっと
深く知りたいとなってくるわけです。そして、いよいよ
プロポーズ、結婚とあいなるわけです。でも、本当に
お互いを理解しあえたのでしょうか?理解したつもり
になってはいないでしょうか。子供が生まれ、段々と
大きくなり、そして、社会人となってくれた頃から、
夫婦の間に隙間風が吹いてはいませんか?
所詮、夫婦と言えども男と女。考え方も行動も
違います。お互いに、毎日の会話が無くなれば
もう居なくてもよい存在に成ってしまいます。
何時までもお互いが良い存在で居られるように
しんどい時でも相手の眼を見て、胸の中の
モヤモヤ君を発散させて上げる努力が必要
なんやと思います。
何時までも我が女房殿には、良い女で居て欲しい。
逆に我が旦那はスマートで居て欲しい。
まぁ~無駄な努力でもしてみますか!!

追伸~ 
死ぬまで添い遂げたい。と思っていた時代は、何だったのか?
今は、男も女も、その心に邪悪が存在している。
自分のこれからが大事でどちらかが病気になる前やなったらポイ捨てだ。
死ぬまでの財産さえ有れば夫婦なんて解消だ。
楽しい仲間と旅行をしたり趣味友さえ居ればそれでいい。
何でこれからを苦労してまで介護しなければならないの。
あっさり捨ててやる。私一人で生きてやる。
でも、本当にそれでいいの?
好きあって連れ添った仲やないの。
この人は自分が居なければ何て思っていたでしょう。
もう一度考えてみてよ。
そして、考えてよ。心の中の奥底にまだ、愛は残っているよ!!





    結婚相談所滋賀 ブライダルHANA
[PR]
# by br-hana | 2008-01-22 17:17 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

大好きな・・・・

 幼馴染の思い出は青いレモンの味がする・・・
良い歌です。本当に瞼閉じれば・・・あの日の
あの情景が鮮やかに蘇って来ます。
幼き頃、近所にチエミちゃんと言う可愛い
女の子が居ました。その子達とは本当に
よく遊んだものでした。昔の遊びですから
今は笑われるかもしれませんが、女の子
達は輪ゴムを順にくくりつけて長い輪ゴム
にするんです。そして、その輪ゴムの両端
を2人が持って、まず、膝小僧の高さ、次に
胸の高さ、その次は頭の高さと、順に上げて
いくわけです。そこを順番に飛び越えて行き、
その輪ゴムに引っかかったら、今度は、輪ゴム
の持ち役に交代するわけです。
 そんな遊びを通じて仲良くなったわけですが、
そんな彼女が、記憶をたどれば、多分、小学校
2年だったと思うのですが、転校してしまうんです。
今でも、 『・・・君』と言う彼女の澄んだ声が、瞼を
閉じれば聞こえてきそうです。
忘れられない、今でも・・・・・・・

[PR]
# by br-hana | 2008-01-21 16:03 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

今日も頑張りまっせ!!

 世の中一部の大企業しか儲かっていません。
皆、苦しいんです。でも、前向きに生きるしか
無いですよ。自分で自分にSTOPをかける
のは簡単ですが、そんで良いのかな~
折角生まれてきたのだから、小さな足跡
を残したいですもんね。人間には、名誉欲
とか金銭欲とか一杯色んな欲望が有るけど。
今の仕事を本当、どれだけ全力でしているか?
疑問です。でも、少しでも人の役に立てれば
良いかな!!たまには、生きを抜きながら。
う~ん!!抜き過ぎかもねぇ。
[PR]
# by br-hana | 2008-01-21 15:22 | かっちゃんの一言 | Comments(0)