君に有り難う・・・

 何時もお弁当を有り難う。
我儘で無骨な俺だけど、
何時も茶目っ気有り難う。
 何時も何時も動いて
いる事の大好きな貴方に
寡黙な俺から有り難う。
 少しは今までの俺を
解ってくれて有り難う。
 それで良いんだよ。
たまには、のんびりも
大切さ。
 それでもせわしい貴方に
有り難う。
 何時々までも有り難う!!

[PR]
# by br-hana | 2008-02-13 13:45 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

花は花ゆえに・・・

 可憐な花もあればひっそりと
佇み花もある。
 優雅に咲く花もあればひ弱に
咲く花もある。
 花は花なりに生きようとしている。
自分らしさを大切にして。
 何時も私を癒してくれる花たちよ。
花は花らしく生きておくれ。
 君達が居てくれるから、
人生は輝くのだよ!!
 君達が居てくれるから、
愛が生まれるんだよ!!
 だから、何時までも、
僕たちを温かく包んでおくれ。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-13 13:34 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

きんせんか咲く・・・

 『如月に、日向に咲ける、キンセンカ、目映く映えて、魂揺らぐ』

 いつ見ても、キンセンカのオレンジ色は
私の心を和ませてくれます。その花を
見ていると、君は今如何しているかと
気になります!!

  (新婚時代を振り返り)

[PR]
# by br-hana | 2008-02-13 11:20 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

ただ君の・・・

 何時も家族の為に朝はやくから動く君。
働くことが大好きな君。
 君は何が趣味なのかなぁ~
僕は心配です。
僕の趣味と君の趣味が合えば良いのに。
そう、何時も思っています。
 ただ、何時までも君が元気でいてくれれば
良いんだけど。
そして、笑顔の君でいて欲しい。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-13 11:07 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

ただ君が好き・・・

 男って中々面と向かって妻や恋人に
好きとは言えないんです。
 冗談では飲み屋の姉ちゃん
なんかに簡単に好きやとは
言えるのに。本当に好きな人
には言い出せないですね。
テレビのドラマを観ていても
自分の事のように歯がゆく
なる場面が出てきますが、
それだけ、好きと言う言葉には
重たい意味があるんだと思います。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-13 10:59 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

パワーをあげる・・・

 何時も落ち込んでいる君。
何時も恥ずかしそうにしている君。
そして、何時も目を背けている君。
 大丈夫だよ。
僕に付いて来なよ。
僕が君にパワーをあげる。
優しい優しいパワーをあげる。
そして動くんだ。
小さく小さく動くんだ。
更に更に動くんだ。
やがて大きなうねりになるさ。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-12 12:36 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

でっかい太陽・・・

 何時も見ている空だけど。
そこには何時も愛がある。
でっかいでっかい愛がある。
燃えるような愛がある。
激しい激しい愛がある。
絶対涸れない愛がある。
何時も見守る愛がある。
だから負けない愛がある。
二人で見つけた愛がある。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-12 12:28 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

雨にもめげず・・・

 雨にもめげず。
風にもめげず。
雪にもめげず。
ただ、歩むだけ。
小さな小さな夢に向かって。
ただ、もくもくと歩くだけ。
振り返ると辛いから。
わき目も振らず歩くだけ。
小さな小さな夢だけど。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-12 12:20 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

又、雪が・・・

 明日も滋賀県は雪らしいです。
せっかく、溶けたのにねぇ~
でも、雪は自然の恵みです。
雪が溶ければ水となり
人々に潤いを与えて
くれます。何でもそうなんですが、
+があれば-も有るんです。
絶対に-だけではないから。
しっかりと+も受け取って
下さいね。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 22:10 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

仰ぎ見る・・・

 『仰ぎ見る、彦根の城に、積もる雪、歴史の重み、地肌で感ずる』

 昨年は彦根城400年祭で賑わいました。
何時来ても、彦根のお城は目映いです。
そして、時代劇の一場面には必ず出てくる
から、更に嬉しいです。
 歴史のロマン漂う彦根に、是非、
遊びに来て下さいませ!!
c0157523_16473316.jpg

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 16:43 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

思い出は何時も・・・

 男は昔から恋愛に破れた時に
その思いを引きずると言います。
そのとうりやと思います。
私もセンチメンタリストです。
恋に破れて泣き、片思いで泣き、
どうして何時もこうなんだと。
 でも、今から考えると、何時も
どこかの線で彼女との関係が
繋がっていなかった気がします。
 それも、大切な良い思い出です。
だからこそ思うんですが、異性を
大切にしてあげて下さい!!
 やっぱり、女性は素敵すぎます!!
 幾つになっても華があります!!

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 11:41 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

誰とでも・・・

 人はよく言います。
あの人とは絶対に合わない。
でも、何故なんでしょうね?
確かに、あの人は頭が良い
から相手を見下しているとか、
あの人は裏表が有るから
嫌いだとか。
線を引きたがります。
 寂しい気になりませんか。
もし、その逆だったら、
貴方の友達は誰も
居ませんよ。
 全然考え方が違うから
楽しいんではないんでしょうか?
 貴方に友達は居ますか!!

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 11:29 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

 何でも良いんです。好きな人に
認めてもらいがたいために男は
自分の得意なもので勝負をかける
んです。
例えば草野球の試合だとします。
2死満塁でバッターボックスだとします。
そこで打てるかどうかはやっぱり練習
の成果しかありません。
 あいつは話が旨いからズルイなどと
友達は言いますが、やっぱりそれなりの
努力をしてきているんです。
どんな場所ででも上らなくなったのは
やっぱり日頃の努力だと思います。
だって、昔なんか、小学校では、
答えが解っている問題でも
手を挙げて発表なんか絶対に
出来ませんでした。
それが何故出来るようになったか
と言いますと答えは友達との
本を読む競い合いの中で成果として
現われました。

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 11:12 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

もう一言が・・・

 どんなに仲の良い夫婦でも、
喧嘩を全然しないということは
有りません。20年も30年も
共に過すうちにしょうもないこと
で喧嘩をしてしまいます。
その時なんです。
言わずもがなの一言を
つい、言ってしまい、
取り返しがつかない状態に
してしまうのは。
その一言を我慢するか、
言ってしまつたら、すぐに
心から謝る事です。
中々出来ない事ですが、
人間はそんな過ちを犯して
しまうんです。
 是非、どちらでも良いから、
 『御免なさい。』を言って下さいね!!

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 10:59 | かっちゃんの一言 | Comments(0)

楽しみは・・・

 前々日から息子夫婦、娘夫婦が孫を連れて
我が家に帰ってきました。
久しぶりに賑やかな2日間でした。
孫は日々成長しどんどんと可愛く
成って行きます。
漸く親の責任が少しは果たせた
心境です。
 人生を生きて行く上に於いて、
やっぱり、この世に生を受けた
者の使命として、後継者を育て
次の時代を託すのが大切な
役目ではないでしょうか!!
一生懸命に子育てをなさっている
全国の若い御両親に本当に
感謝申し上げます。
 有り難う御座います!!

[PR]
# by br-hana | 2008-02-11 10:50 | かっちゃんの一言 | Comments(0)